◯ 初春の兼題は「薄氷」「伊予柑」「春嵐」です。

1702_c.gif  1702_b.gif  1702_a.gif

【薄氷】
幼子の一歩に失せり薄氷        天天地地     菫女
うすごおりモノクロームの万華鏡    天天地地     好喜
水鳥の砕氷船行く薄氷         天天       雪童
黒天の星座を映し薄氷         天地地      酒倒
薄氷やしゃがみて映す顔ふたつ     天地地      仲春
薄氷を割いて水打つ老舗前       天地人人人    風写
薄氷を踏んで向かうや試験場      天地人      呑暮
薄氷や風の姿を彫り上げる       天人人      即馳
めだか飼う火鉢に今朝は薄氷      天人       音澄
うすらひや水のややこのおぶらあと   天        酒倒
薄氷聖堂にいま止む祈り        天        出船
人消ゆる光残して薄氷         天        出船

【伊予柑】
いい陽より伊予柑むいて猫になる    天天天天人   愚多楽
伊予柑を置いてうたた寝祖母の午後   天天地地人人   好喜
伊予蜜柑むき置きて去る母の家     天天地人     菫女
伊予柑を剥く嫁の手をながめおり    天地人      呑暮
病室の空気押しのけ伊予柑香      天地人      好喜
伊予柑やおんな二人のバスの旅     天地       磨角
手土産の伊予柑提げて路地の月     天地       出船
伊予柑やきまって一つはスッカスカ   天        音澄
棟上げや飛びゆく伊予柑甘さ増す    天        即馳
伊予柑を剥く親指に憂いなし      天        出船

【春嵐】
春嵐ブランコ揺らし遊び去る      天天天      即馳
顔を打つネクタイ跳ねて春嵐      天天地人人    雪童
交差点たてよこななめ春嵐       天地地      音澄
春嵐子どもの声を舞い上げし      天地地人人    小波
組み直す午後の段取り春嵐       天地人人     仲春
春嵐裾から袖に抜けにけり       天地人人     酒倒
止まないで学ラン借りた春嵐      天地      岩牡蠣
春嵐変えうるものを変える意志     天人人      出船
春嵐去った朝なお砲火の日       天        好喜
昇る陽が戸惑い踊る春嵐        天        好喜
春北風に舞い強いられてレジ袋     天        芝浜
春嵐泣きっ面に雨連れて来て      天        雪童



◯ 晩冬の兼題は「春いまだ」「凍港」「こたつ猫」です。

1701_c.gif  1701_b.gif  1701_a.gif

【春いまだ/春遠し】
目覚めても無明の窓辺春いまだ     天天地地地地人  音澄
耳朶でとらえし夜風春遠し       天天地人人    小波
春いまだ漱石の鬱子規の念       天天       出船
春遠し前髪ぱつんと切りました     天天       小波
春遠し切ない話夜中に来        天地       仲春
傍らに気配なき夜春遠し        天人       見燗
すきとほる水沁み入るや春遠し     天        凛語
春いまだ女の話に尾鰭あり       天        菫女
春遠し杖の老婆は鞠のよう       天        酒倒

【凍港】
凍港にデイサービスのバス巡る     天天天地地人   出船
凍港や旅立つ勇気風に散る       天天人      好喜
凍港や燈台ひとり睥睨す        天地地      雪童
凍港や船のロープの硬きこと      天地人      音澄
凍港を奮い立たすや大漁旗       天地       好喜
凍港や訛ほどよき標準語        天地       青羽
そっと目尻なぞる男や凍港       天        磨角
凍港や魚は焼けて船は出ず       天        小波
凍港の先に浦塩カムチャッカ      天        酒倒
凍港の廃船半ば傾きて         天        芝浜

【こたつ猫】
こたつ猫蹴飛ばし詫びる独り酒     天天天人人    雪童
繰り言の聞き手を降りるこたつ猫    天天地地人    凛語
そんなこたくだらぬことよこたつ猫   天天地地     磨角
迫り来る足に怯えずこたつ猫      天天       出船
おめかしをじっと見てゐるこたつ猫   天地地人人人   小波
今朝もまたあくがるるかなこたつ猫   天人      岩牡蠣
炬燵猫となる夢をみる炬燵かな     天        芝浜
往来もこたつも知らぬCAFEの猫    天        酒倒


★小間使いさんから--------------------------------------------------------

 兼題を出す者として、「想像句」ではどういう世界を
 思い浮かべるのかと、気になったり、
 実体験で詠むとどう詠むのかと、気になり
 楽しみでもありますが、
 今回の「こたつ猫」などは、世界が狭いので
 風景が似るのはしょうがないでしょうが、
  「ハッとする」句は難しかったようですね。

 ではでは 次回はもう春、初春の句会です。

 お楽しみに。


◯ 仲冬の兼題は「底冷え」「くしゃみ」「葛湯」です。

1612_c.gif  1612_b.gif  1612_a.gif

【底冷え】
底冷えや男を布団に招き入れ      天天地      磨角
底冷えや胴打ち一閃白袴        天天地      即馳
底冷えの土俵に滾る鬼の息       天天人      出船
底冷えをてけてけてけと明けの犬    天天       出船
底冷えや豆蒸す湯気の白の濃さ     天地地      音澄
底冷えや土蔵の錠前堅くなり      天地人人人    雪童
底冷えに汲む井戸水のやわらかく    天地人      音澄
底冷えやあわれメールの誤字脱字    天人       呑暮
支那そばを待つ底冷えの舗道かな    天人       芝浜

【くしゃみ】
帰り道くしゃみ一つに過去放つ     天天地人     出船
くしゃみしてハナも屁も出る老いきたる 天天地      音澄
くしゃみしてピカソの顔になりにけり  天天       仲春
納戸から小さきくしゃみかくれんぼ   天地地地地人   磨角
大くさめ気配のありて一二秒      天地人      菫女
筋肉美見せて銭湯大くしゃみ      天地       雪童
くしゃみして不運吐き出す阿吽前    天人       風写
バスの列響くくしゃみにお人柄     天人       出船
やすやすとくしゃみをしたり快癒かな  天        見燗
大小のくしゃみ白波散骨す       天        即馳

【葛湯】
匙持つ手無骨な父が葛湯練る      天天地人     雪童
葛湯飲み投網のほつれ縫い合わす    天天地人     即馳
拗ねるのと同じくちびる葛湯吹く    天地地地     磨角
薄命の友を葛湯に透かし見し      天地       風写
今朝ほどは両手に包む葛湯椀      天地       風写
舞台閉ねストリッパーの飲む葛湯    天人人      仲春
頬紅き子らの葛湯や洞の中       天        酒倒
ずる休み午前十時に吹く葛湯      天        出船
夏の日を根に蓄えて葛湯かな      天        出船
夜更かして期限切れたる葛湯吹く    天        酒倒
葛湯飲みもう一年と共白髪       天        即馳


★小間使いさんから-------------------------------------------

 新しい年も、変わらず淡々と続けます。
 本当の宗匠である仲春さんが、皆さん腕を挙げてきたなぁ、
 と申しております。

 ・磨角さん参加の俳句展は、こういう風景
image001.jpg image002.jpg
image003.jpg image004.jpg
 ではでは 小間使い



◯ 初冬の兼題は「冬めく」「鴛鴦」「帰り花」です。

1611_c.gif  1611_b.gif  1611_a.gif

【冬めく】
ビー玉の色散らかるや冬めく陽    天天天人      呑暮
冬めくや七堂伽藍空に映え      天地地       音澄
冬めくや大地の神の薄化粧      天地人       風写
冬めくや猟銃のこゑ轟けり      天地人       菫女
冬めいて薄き日めくり剥ぐ重さ    天地人       出船

冬めきてふくら雀の通学路      天地        青羽
モフモフとヒゲの御仁や冬めく日   天         見燗
冬めきぬ光佇む礼拝堂        天         好喜
冬めいて北の旅への案内状      天         音澄
夜中咲く風の後ろに冬めきぬ     天         山女

【鴛鴦】
波残し鴛鴦の藍消えにけり      天天天人      出船
鴛鴦や互いに丸き腹回り       天天人       見燗
鴛鴦や黙する池を彩れり       天地人人      出船
鴛鴦やひと水下がり妻がいる     天地        山女
蓮枯れておしどり来る寺の池     天地       愚多楽
番鴛鴦瞼交互に閉じてをり      天地        見燗
道ならぬ鴛鴦隠る芦辺かな      天人人       凛語
鴛鴦の浮気するらしそれもよし    天         音澄

【帰り花】
下山道灯るが如く帰り花       天天天天人人    芝浜
また一日伏せる窓辺に帰り花     天天地地地人    好喜
帰り花暗渠の道の指定席       天地人       呑暮

せめてもは帰り花咲く住めぬ家    天人        風写
ひとしきり野の鳥鳴きぬ帰り花    天         菫女
帰り花赤色灯に追わる夜       天         青羽
帰り花背中押したり面接日      天         見燗
帰り花恋に染まらぬ人の恋      天         出船


◯ つぶやき再録 ◯

★愚多楽さんの選句とつぶやき----------------------------------------

【冬めく】
天 ビー玉の色散らかるや冬めく陽
地 冬めいて幹囲われる藁の束
人 冬めくや猟銃のこゑ轟けり

【鴛鴦】
天 鴛鴦や互いに丸き腹回り
地 鴛鴦や二羽で奏でる同心円
人 鴛鴦の色鮮やかな鏡池

【帰り花】
天 下山道灯るが如く帰り花
地 帰り花暗渠の道の指定席
人 今と決め輪郭定かに狂ひ花

 狩猟解禁のシーズンですね。各地で猪、鹿、熊の被害が深刻なようですが、ハンターになる人が減っており、平均年齢が高くなっているようです。
 先日奥多摩で犬を連れた猟師とすれ違いました。イノシシの糞、足跡も見ました。
 意外と人家に近いところにいるのですね。猟銃の音を聞くと、人に当たらないようにといつも思います。


★小間使いさんから--------------------------------------------------

雪が降り、地震がおき、寒さがやってきました。
どこかへ歩くとき、お茶を飲んだりするとき
「17文字」で遊んでください。

「お~いお茶」の伊藤園の俳句を募集していますよ。
17文字で、30万円ほどです。無論、一番になれば、ですよ。

ではでは 小間使い





◯ 晩秋の兼題は「晩秋」「木の実落つ」「秋鯵」です。

1610_c.gif  1610_b.gif  1610_a.gif

【晩秋】
足長き影晩秋を並びゆく       天天天地地地    好喜
晩秋をとらえて絵筆塩むすび     天天地       雪童
晩秋の寂なぞ知らぬ熱帯魚      天地人       青羽
晩秋や淡き陽射しに甲羅干す     天人人       風写
晩秋や石庭潜る鳥の影        天人        即馳
一閃の業晩秋の恋泥棒        天         青羽
晩秋や草原の雨金色に        天         仲春
晩秋や癇癪持ちに瀬音澄む      天         出船
晩秋の病室微かにブラームス     天         出船

【木の実落つ】
木の実落つ渡り廊下の右左      天天地地      音澄
赤錆のジャングルジムや木の実落つ  天天地       青羽
ご利益を恃むあたまに木の実落つ   天天人       菫女
オルゴオル最後の一音木の実落つ   天天        磨角
城址の濠にさざなみ木の実降る    天地人人      酒倒
木の実降る賽銭箱の中にまで     天地人人      仲春

留守番の木の実を拾う児童館     天地        音澄
木の実降るあの山裾に不老の湯    天地        出船

【秋鯵】
だみ声が山盛りで売る秋の鯵     天天天天地     菫女
秋鯵や訛り渦巻く縄のれん      天天地地人人   雨不埒
焦がしめは父親ゆずり秋の鯵     天天人       磨角
秋鯵やたたく調子は二刀流      天天        雪童
竜王戦観る秋鯵の骨硬し       天地地人      青羽
秋鯵を乗せ移動販売山に入る     天地地人      青羽


★小間使いさんから-------------------------------------------

 「晩秋」の句の中、ボジョレーの句は、
 初出場の「岩牡蠣さん」の句です。

 人伝てに、この滅入る句会で俳句を楽しみたい方が
 いるのは大喜びです。
 長く続けて欲しい、それが一番です。
 この句会で、ということではなく
 せっかく始めたら俳句を面白がってずっと続けて欲しい、
 という意味です。

 仲春さんが、「俳句四季」という俳誌で、
 浅井愼平選の特選句に選ばれていました。

・磨角さんから、こういうお知らせが届きました。
unami1.jpg unami2.jpg
 ではでは 次は初冬ですねぇ 小間使い



◯ 仲秋の兼題は「宵闇」「秋鯖」「稲刈り」です。

1609_c.gif  1609_b.gif  1609_a.gif

【宵闇】
宵闇に忍ぶ二人のスマホ灯      天天天       酒倒
宵闇や下戸は本屋を止まり木に    天天地地人     呑暮
宵闇を貫き消ゆる走者の背      天天人       出船
宵闇や時ごと変わる庭の声      天天        山女
宵闇や石鹸の香とすれ違う      天地地地人     呑暮
宵闇やばくりと割れし胸の蓋     天人        磨角

宵闇に五感冴えるや石階段      天         青羽
宵闇や家庭菜園棒ばかり       天         仲春

【秋鯖】
秋鯖や醤油は玉と弾かれり      天天天天地地地人  呑暮
海の青背に含ませて秋の鯖      天天地地人     青羽
秋鯖やタマの出奔もう五年      天地地人人     酒倒
秋鯖を両手に提げし小長靴      天地地       呑暮
寄宿舎の窓に秋鯖煮る匂ひ      天人人       仲春
山賊が山留守にする秋の鯖      天人人       青羽
秋鯖や懲りぬ酢〆の性と知り     天         風写
秋鯖を待てずに天へ旅立ちぬ     天         仲春
秋鯖の骨が三本皿の隅        天         出船

【稲刈り】
稲刈りの終えて広さを知る田かな   天天地地地人人人  芝浜
稲刈りや親戚集いて無沙汰詫び    天天地人      雪童
稲刈りや再会笑う土と空       天天地人      出船
稲を刈る嫁に代りて赤子抱く     天地地地人     仲春
田の神にお礼を済ます稲刈り機    天地        音澄
稲刈り機あやつる腕のタトゥかな   天人        青羽
ハンドルとレバーで稲刈る農夫の手  天         風写
頬染めて黄金の稲を刈り初むる    天         好喜
稲刈りや山の荷車妻見えず      天         雪童
一夜明け確と風受く稲架の稲     天         磨角


◯ つぶやき再録 ◯

★呑暮さんの選句とプチつぶやき-------------------------------------------

【宵闇】
天・宵闇に忍ぶ二人のスマホ灯
地・宵闇の帰路に肩押す夜風かな
人・宵闇やばくりと割れし胸の蓋
 少し前まで新聞ではブログを「日記風のホームページ」、ツイッターを「簡易ブログ」などと注釈を入れていました。
 今ではそんなことありません。スマホも俳句のキーワードになってきたなあと思った次第。

【秋鯖】
天・秋鯖を待てずに天へ旅立ちぬ
地・秋鯖やタマの出奔もう五年
人・山賊が山留守にする秋の鯖
 いやー、鯖がそれほどのものかと思いつつ、そういう人もいるんだろうと。鯖をそこまで好きになれた人生。その生をまっとうし、鯖にさえ未練を残さずに逝けた。待てなかったというより、待たなかったのかもしれません。

【稲刈り】
天・稲刈りの終えて広さを知る田かな
地・稲を刈る嫁に代りて赤子抱く
人・逆光にダンダンとゆく稲刈り機
 立って半畳、寝て一畳ですが、人を一人生かすにはどれくらいの田んぼが要るのでしょうか。
 稲を刈った後の田んぼの広がりは、人間の命の面積でもある。人とはそれ以上でもそれ以下でもないのでしょう。



◯ 初秋の兼題は「処暑」「葛の花」「法師蝉」です。

1608_c.gif  1608_b.gif  1608_a.gif

【処暑】
処暑の風二の腕細し図書係      天天天地地地地   青羽

過ぎ越して頂と知る処暑の山     天天地       出船
来ぬバスに空の青さや処暑の風    天地人人      好喜
処暑の蝶うつむく花を巡りゆく    天地人       山女
まだまだと気構へてをり処暑の朝   天地        菫女
じわじわり入玉模様処暑の盤     天地        即馳
処暑の朝寄付請う便り母校より    天人        好喜
土砂降りの沙汰止みにけり午後の処暑 天         菫女
処暑の子のなほ火照りたるはだへかな 天         凛語
処暑なれど便箋は手に粘りつき    天         音澄

【葛の花】
山守の容赦なく断つ葛の花      天天天天地地    音澄
葛の花無沙汰の文に毒一つ      天天地人      出船
杣道を隠して嗤う葛の花       天天地地人     雪童

領土線気ままなりけり葛の花     天天        見燗
墓じまい散る葛の花清々し      天地地人人人    青羽
眼下なる瀬に釣り人や葛の花     天地地人      菫女
洪水の跡にしとどの葛の花      天         凛語

【法師蝉】
膝笑う長い坂道法師蝉        天天天人      酒倒
法師蝉終の住処と決めし家      天天人人人人人   菫女
法師蝉絵日記のなか鳴いている    天天人       山女
山の色軽くかきまぜ法師蝉      天地地       青羽
境内の読経に降り来る法師蝉     天地地       風写
法師蝉空へ読経を解き放つ      天地        出船
鳴きつくすつくつく法師の鳴きつくす 天人        菫女
葉雫や解き放たれて法師蝉      天         即馳
歓びの歌を覚えし法師蝉       天         呑暮


◯ つぶやき再録 ◯

★出船さんの選句とコメント------------------------------------------------

【処暑】
・じわじわり入玉模様処暑の盤  天
・百ミリの雨を運びて処暑に入る 地
・処暑の蝶うつむく花を巡りゆく 人

【葛の花】
・眼下なる瀬に釣り人や葛の花  天
・杣道を隠して嗤う葛の花    地
・愚痴ひとつ風に舞い飛び葛の花 人

【法師蝉】
・法師蝉終の住処と決めし家   天
・境内の読経に降り来る法師蝉  地
・樹々からはまだ雫落つ法師蝉  人

〈コメント〉
・じわじわり入玉模様処暑の盤
将棋に興味のない人には「なんのこと?」という感じでしょうが、
将棋好きは膝を打つ句でした。


◯ 晩夏の兼題は「朝焼け」「夏薊」「日焼け止め」です。

1607_c.gif  1607_b.gif  1607_a.gif

【朝焼け】
朝焼けやきょうも命の入れ替わり   天天天天地人    音澄
山城に湧く雲染めて朝焼ける     天天        酒倒
木の間より朝焼けの色地にこぼれ   天地地地      音澄
朝焼けや病いつしか治まりぬ     天人人       出船
朝焼けや病気の猫の息を見る     天人人       蝸牛
朝焼けや微睡み覚ます夜行バス    天人        好喜
朝焼けや不忍池のひとしずか     天         磨角
朝焼けや雲間にオレンジ光つぼ    天         山女
朝焼けや緋色と藍の幕を引き     天         雪童

【夏薊】
弾みつけ降りるリフトや夏薊     天天地人      仲春
むきだしの愛の疲れや夏薊      天天人人      蝸牛
夏薊風に遅れて揺れにけり      天天人       見燗
夏薊爆ぜし原子炉従へり       天天        出船
夏薊折りてあの日の香りあり     天天        見燗
伏せられしまなじりの青夏薊     天地地       磨角
鉄路錆び枕木割りて夏薊       天地人人      雪童
夏薊やや武装して色保つ       天地        菫女

【日焼け止め】
光合成要らぬ人類日焼け止め     天天地地      音澄
波音や鼻歌も混ぜ日焼け止め     天天地人人人    好喜
日焼け止め恋は矛盾に満ちしもの   天天        出船
日焼け止め塗りて墓参の列につく   天地地人      菫女
触れたくて夕日悲しき日焼け止め   天地地人      酒倒
一心に日焼け止め塗る坊主かな    天地        出船
ためらいを隠すゆびさき日焼け止め  天人人       磨角
柔肌やかひな抱かれ日焼け止め    天         即馳
日焼け止め白浮き肌の授乳中     天         蝸牛
日焼け止め塗り残してや肩甲骨    天         芝浜




◯ 仲夏の兼題は「梅雨の月」「植田」「桜桃」です。

1606_c.gif  1606_b.gif  1606_a.gif

【梅雨の月】
古鞄ただ磨きをり梅雨の月      天天地地人人    見燗
梅雨月や窓を放たば瀬音くる     天天地       菫女
月涼し小康見舞いの帰り道      天天人       出船
伐採の株肌白し梅雨の月       天天        菫女
潮の香の動かぬ海に梅雨の月     天地地人人     音澄
梅雨の月鈍く光るや転轍機      天地        青羽
往診の医師の見上げる梅雨の月    天地        仲春
梅雨の月はかなき空の銅版画     天人人人      好喜
すきとほるジンちりと揺れ梅雨の月  天人        凛語
束の間を軒先に愛で梅雨の月     天人        風写

【植田】
風に来て雨に来て見る植田かな    天天天天天地地人人 音澄
トンネルを抜けて入る間や植田澄む  天天天地      菫女
逆さ富士崩す鴨の子植田かな     天地地       磨角
風抜ける方眼用紙の植田かな     天地        音澄
腰屈む姥も天行く植田かな      天地        凛語
植え終へし課外授業の学校田     天人人       仲春
大植田一部ソーラー発電所      天人        酒倒
合掌の家揺れてゐる植田かな     天         仲春

【桜桃】
唇を奪ってゐたるさくらんぼ     天天地       仲春
桜桃や仲を割かずに食みにけり    天天        見燗
残りたる茎歩きさうさくらんぼ    天天        仲春
桜桃をついばむ鳥の目の無心     天地地地人     芝浜
散るを愛で結びを愛でて桜桃     天地地       風写
幼子の背のびの先にさくらんぼ    天地地       青羽
無愛想になれず独り身さくらんぼ   天地人人人     山女
よいことが何もない日のさくらんぼ  天地人人人     出船
さくらんぼ己が居場所でそっと食べ  天人人       菫女
五線譜にそっと置きたいさくらんぼ  天人人       好喜
制服のボタン外してさくらんぼ    天         磨角




◯ 初夏の兼題は「苺ミルク」「鳥の日」「大豆蒔く」です。

1605_c.gif  1605_b.gif  1605_a.gif

【苺ミルク】
アスファルトいちごみるくのぬるむ街 天天天地      青羽
強面のそっと押したり苺ミルク    天天人       見燗
木影揺れ苺ミルクの白い卓      天地地人人     風写
母娘苺ミルクでよく笑ふ       天地地人人     菫女
大粒の苺にミルク妻の留守      天地地人      菫女
ガテン系苺ミルクに頬弛み      天人人       雪童
苺ミルク白勝つように掬いけり    天         見燗
辰砂映え苺みるくの器かな      天         即馳
仲直り苺ミルクの半分こ       天        雨不埒
苺ミルク老女ふたりのあどがたり   天         磨角
苺沈むミルクの海に百八つ      天         青羽

【鳥の日】
鳥の日やわたしにもある肩甲骨    天天天地地     青羽
ママ友のおしゃべり止まぬ愛鳥日   天天地       仲春
恐竜の裔を手にのせ愛鳥日      天天        音澄
太き川鳥の日染める菫色       天地地人      即馳
餌売りの老婆きょうも愛鳥日     天地        雪童
毎日が鳥の日となり老爺かな     天地       雨不埒
鳥の日や社殿の瓦真新し       天人人       見燗
愛鳥週間寄席は中席閑古鳥      天人人       芝浜
愛鳥日ガラスの鳥にガラスの目    天         仲春
丸窓の木箱を発見バードウィーク   天         菫女

【大豆蒔く】
豆蒔くや熱もつ土の頼もしき     天天地地      呑暮
七十億の誰かのための豆を蒔く    天天地       青羽
豆を植う地は柔らかに迎えをり    天天地       見燗
茶豆蒔く準備は本屋で立ち見して   天天人       雪童
大豆蒔く運命線のごと長く      天天        青羽
地を穿ち豆蒔く軌道に静心      天天        即馳
人よりも牛多き村大豆蒔く      天地地人      仲春
豆蒔くや終日鳥に眼を盗られ     天人        風写




◯ 晩春の兼題は「八重桜」「春の闇」「壷焼き」です。

1604_c.gif  1604_b.gif  1604_a.gif

【八重桜】
八重桜ほろほろこぼる尼の寺     天天天       磨角
八重桜ひなたの犬の大あくび     天天地地人人人   出船
老記者の引退記事や八重桜      天天人人      音澄
昼酒の濠端しづか八重桜       天地地       酒倒
八重桜厚化粧する五十代       天地人       駒吉
結納や白湯に満開八重桜       天地人       雪童
在り方の重さを問うて八重桜     天地        出船
父の背で十数えしや八重桜      天人人       呑暮
九尾狐が駆け抜け香る八重桜     天         青羽
花たわわ笑顔もたわわ八重桜     天         芝浜

【春の闇】
春の闇地震の崩せし武者返し     天天地       磨角
よりそへる匂いと匂い春の闇     天天地       凛語
穢土浄土結界にじみて春の闇     天地地人      青羽
女名の店並ぶ奥に春の闇       天地人人人人    音澄
白杖の音の向こうに春の闇      天地人人      雪童
切れ切れに二胡の稽古や春の闇    天地人人      呑暮
春の闇幾光年の向こうまで      天地        音澄
春の闇テーマパークの勝手口     天地        酒倒
あやまちを不問に付すや春の闇    天地        青羽
手脚伸ぶ作句の床に春の闇      天         風写
障子越し三味線の音を聞く春の闇   天         芝浜
朝まだき馬のいななき春の闇     天        愚多楽
少年の胸に棲みつく春の闇      天         仲春

【壷焼き】
壷焼きの角を数へて酔ひ深し     天天天地地     芝浜
壺焼きや屋根に石置く磯の茶屋    天天天人      仲春
でこぼこと猫背並びぬ壺焼屋     天天地       青羽
壷焼きや先ず絵手紙を描いておき   天地地人      雪童
うわばみが口をすぼめて焼き栄螺   天地地       青羽
壺焼きに挑みかかるや爪楊枝     天地人       出船
壷焼きは生まれ変わりて盆栽鉢    天         雪童
壷焼きは上司次第の新社員      天         酒倒


★小間使いさんから--------------------------------------------------------

 立夏が過ぎれば、夏が来ます。
 次回は、初夏の句会です。


◯ 仲春の兼題は「花便り」「春の月」「土匂う」です。

1603_c.gif  1603_b.gif  1603_a.gif

【花便り】
うたた寝に聴くラジオより花便り   天天天地地人人人  芝浜
伝うべき言葉はありや花便り     天天地       出船
撮影に行きませんかと花便り     天天        仲春
発表の日に鳴る電話花だより     天地人人     愚多楽
逢いたくて逢えば別れの花便り    天地人人     雨不埒
風吹きて北へ北へと花だより     天地人      愚多楽
花便り末尾に添えて見舞う状     天地        風写
魚たちも浮かびて知るや春便り    天         見燗
幼子が背伸びして待つ花便り     天         青羽
花便り今年も迷う宴会日       天         雪童
美しき人の足あと花だより      天         青羽

【春の月】
春の月ひかりが溜まる山の上     天天天天地     山女
ひとり湯にとけ春の月空にとけ    天天天       出船
やはらかきことばぬる燗春の月    天天地       出船
春月やむかし渋谷に恋文屋      天天人       仲春
穏やかに過ぎし一週春の月      天地地       酒倒
春の月影は仲良き夫婦かな      天地人       好喜
春の月かかる三春の滝桜       天         風写
覚めやらず二度寝を誘う春の月    天         風写

【土匂う】
土匂う鳥を引き連れ耕うん機     天天天地      風写
土匂ふ明かき夕べに菜を刻む     天天天       凛語
爪の中野菜の種や土匂う       天天        雪童
口喧嘩苦き静寂に土匂う       天地地       好喜
くちびるをつい盗まれり土匂う    天地人       呑暮
五百機の音の間に間に土匂う     天人        青羽
軽トラの荷台を越えて土匂う     天人        音澄

木の洞に籠りて密か土匂う      天人        見燗
地野菜の規格外れや土匂う      天         音澄
土匂ふひとり遊びの洟たれ子     天         凛語


◯ つぶやき再録 ◯

★音澄さんの選句とつぶやき-------------------------------------------

音澄選
【花便り】
・撮影に行きませんかと花便り  天
・出羽からの短き文の花便り   地
・予報士も鼻声で読む花便り   人

【春の月】
・春月やむかし渋谷に恋文屋   天
・蟲塚の文字真新し春の月    地
・春の月厠の隅を照らしおり   人

【土匂う】
・土匂ふひとり遊びの洟たれ子  天
・定型化されど青春土匂う    地
・地を叩くモグラ威しや土匂う  人

私の選句は以上でした。
「渋谷の恋文屋」は、昭和だなぁ。実感のない人には、春月との取り合わせがわからないかもしれないけれど、しっとりした空気感が漂って、私には間違いなく天の句でした。

春の月の句に、以下の句がありました。
・影ふたつ公園のブランコ春の月(ブランコは春の季語なので、季重り)
・春の月影は仲良き夫婦かな
・日が暮れてベンチの二人春の月

実は、この三句に関して「これはメモで、そこから俳句にするんじゃないのかな」と思いました。 その風景に物語があるのなら、その物語を句にするのが俳句なんだと考えているので、そのままではどうしても「俳趣」に欠ける気がしました。
月といえば、俳句では澄んだ秋空の月、名月ということになっていて、わざわざ「春の月」という場合は、大気中に水分が多くて朧に見える月です。ぼんやり暖かく、月は朧、もう「春の月」といえばそういう風景はこの季語が包括しているわけで、そこにハッとする物や情景をあわせるのが俳句の面白いところだと思っている。出てくる場面に「お!」という物語が見えませんでした。上下の句には、切れ字もありません。

だから、ハッとする、心に引っかかる
・春満月老父の跳ねるトランポリン
この句が私にはすごく面白かった。老父とトランポリンがいい。でも、自分の頭の中に景を描ききれなかった。取り合わせとしては、やられた!でしたが、詠んだ方には申しわけない。音澄の選句は、ときにへそ曲がりでしてね。

土匂うの句は、土から離れた日常を感じさせる句が多くて、都市生活者の句だなぁと感じました。私は偶然ですが、芋畑の近く、プロの農家のいる界隈に住んでいるので土の匂いは日常の範囲ですが、「本当の土と、土匂う」が俳句として付き過ぎないように詠めないままになってしまいました。

ではでは 次回は 晩春の句会


コダーマンの雑貨屋・頑固堂

最近のコメント

検索

Powered by Movable Type 5.13-ja