2016年11月 初冬の句会


◯ 初冬の兼題は「冬めく」「鴛鴦」「帰り花」です。

1611_c.gif  1611_b.gif  1611_a.gif

【冬めく】
ビー玉の色散らかるや冬めく陽    天天天人      呑暮
冬めくや七堂伽藍空に映え      天地地       音澄
冬めくや大地の神の薄化粧      天地人       風写
冬めくや猟銃のこゑ轟けり      天地人       菫女
冬めいて薄き日めくり剥ぐ重さ    天地人       出船

冬めきてふくら雀の通学路      天地        青羽
モフモフとヒゲの御仁や冬めく日   天         見燗
冬めきぬ光佇む礼拝堂        天         好喜
冬めいて北の旅への案内状      天         音澄
夜中咲く風の後ろに冬めきぬ     天         山女

【鴛鴦】
波残し鴛鴦の藍消えにけり      天天天人      出船
鴛鴦や互いに丸き腹回り       天天人       見燗
鴛鴦や黙する池を彩れり       天地人人      出船
鴛鴦やひと水下がり妻がいる     天地        山女
蓮枯れておしどり来る寺の池     天地       愚多楽
番鴛鴦瞼交互に閉じてをり      天地        見燗
道ならぬ鴛鴦隠る芦辺かな      天人人       凛語
鴛鴦の浮気するらしそれもよし    天         音澄

【帰り花】
下山道灯るが如く帰り花       天天天天人人    芝浜
また一日伏せる窓辺に帰り花     天天地地地人    好喜
帰り花暗渠の道の指定席       天地人       呑暮

せめてもは帰り花咲く住めぬ家    天人        風写
ひとしきり野の鳥鳴きぬ帰り花    天         菫女
帰り花赤色灯に追わる夜       天         青羽
帰り花背中押したり面接日      天         見燗
帰り花恋に染まらぬ人の恋      天         出船


◯ つぶやき再録 ◯

★愚多楽さんの選句とつぶやき----------------------------------------

【冬めく】
天 ビー玉の色散らかるや冬めく陽
地 冬めいて幹囲われる藁の束
人 冬めくや猟銃のこゑ轟けり

【鴛鴦】
天 鴛鴦や互いに丸き腹回り
地 鴛鴦や二羽で奏でる同心円
人 鴛鴦の色鮮やかな鏡池

【帰り花】
天 下山道灯るが如く帰り花
地 帰り花暗渠の道の指定席
人 今と決め輪郭定かに狂ひ花

 狩猟解禁のシーズンですね。各地で猪、鹿、熊の被害が深刻なようですが、ハンターになる人が減っており、平均年齢が高くなっているようです。
 先日奥多摩で犬を連れた猟師とすれ違いました。イノシシの糞、足跡も見ました。
 意外と人家に近いところにいるのですね。猟銃の音を聞くと、人に当たらないようにといつも思います。


★小間使いさんから--------------------------------------------------

雪が降り、地震がおき、寒さがやってきました。
どこかへ歩くとき、お茶を飲んだりするとき
「17文字」で遊んでください。

「お~いお茶」の伊藤園の俳句を募集していますよ。
17文字で、30万円ほどです。無論、一番になれば、ですよ。

ではでは 小間使い





コダーマンの雑貨屋・頑固堂

このブログ記事について

このページは、cave(管理人)が2016年11月25日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016年10月 晩秋の句会」です。

次のブログ記事は「2016年12月 仲冬の句会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

検索

Powered by Movable Type 5.13-ja