2016年6月 仲夏の句会


◯ 仲夏の兼題は「梅雨の月」「植田」「桜桃」です。

1606_c.gif  1606_b.gif  1606_a.gif

【梅雨の月】
古鞄ただ磨きをり梅雨の月      天天地地人人    見燗
梅雨月や窓を放たば瀬音くる     天天地       菫女
月涼し小康見舞いの帰り道      天天人       出船
伐採の株肌白し梅雨の月       天天        菫女
潮の香の動かぬ海に梅雨の月     天地地人人     音澄
梅雨の月鈍く光るや転轍機      天地        青羽
往診の医師の見上げる梅雨の月    天地        仲春
梅雨の月はかなき空の銅版画     天人人人      好喜
すきとほるジンちりと揺れ梅雨の月  天人        凛語
束の間を軒先に愛で梅雨の月     天人        風写

【植田】
風に来て雨に来て見る植田かな    天天天天天地地人人 音澄
トンネルを抜けて入る間や植田澄む  天天天地      菫女
逆さ富士崩す鴨の子植田かな     天地地       磨角
風抜ける方眼用紙の植田かな     天地        音澄
腰屈む姥も天行く植田かな      天地        凛語
植え終へし課外授業の学校田     天人人       仲春
大植田一部ソーラー発電所      天人        酒倒
合掌の家揺れてゐる植田かな     天         仲春

【桜桃】
唇を奪ってゐたるさくらんぼ     天天地       仲春
桜桃や仲を割かずに食みにけり    天天        見燗
残りたる茎歩きさうさくらんぼ    天天        仲春
桜桃をついばむ鳥の目の無心     天地地地人     芝浜
散るを愛で結びを愛でて桜桃     天地地       風写
幼子の背のびの先にさくらんぼ    天地地       青羽
無愛想になれず独り身さくらんぼ   天地人人人     山女
よいことが何もない日のさくらんぼ  天地人人人     出船
さくらんぼ己が居場所でそっと食べ  天人人       菫女
五線譜にそっと置きたいさくらんぼ  天人人       好喜
制服のボタン外してさくらんぼ    天         磨角




コダーマンの雑貨屋・頑固堂

このブログ記事について

このページは、cave(管理人)が2016年6月28日 07:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016年5月 初夏の句会 」です。

次のブログ記事は「2016年7月 晩夏の句会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

検索

Powered by Movable Type 5.13-ja