2016年4月 晩春の句会


◯ 晩春の兼題は「八重桜」「春の闇」「壷焼き」です。

1604_c.gif  1604_b.gif  1604_a.gif

【八重桜】
八重桜ほろほろこぼる尼の寺     天天天       磨角
八重桜ひなたの犬の大あくび     天天地地人人人   出船
老記者の引退記事や八重桜      天天人人      音澄
昼酒の濠端しづか八重桜       天地地       酒倒
八重桜厚化粧する五十代       天地人       駒吉
結納や白湯に満開八重桜       天地人       雪童
在り方の重さを問うて八重桜     天地        出船
父の背で十数えしや八重桜      天人人       呑暮
九尾狐が駆け抜け香る八重桜     天         青羽
花たわわ笑顔もたわわ八重桜     天         芝浜

【春の闇】
春の闇地震の崩せし武者返し     天天地       磨角
よりそへる匂いと匂い春の闇     天天地       凛語
穢土浄土結界にじみて春の闇     天地地人      青羽
女名の店並ぶ奥に春の闇       天地人人人人    音澄
白杖の音の向こうに春の闇      天地人人      雪童
切れ切れに二胡の稽古や春の闇    天地人人      呑暮
春の闇幾光年の向こうまで      天地        音澄
春の闇テーマパークの勝手口     天地        酒倒
あやまちを不問に付すや春の闇    天地        青羽
手脚伸ぶ作句の床に春の闇      天         風写
障子越し三味線の音を聞く春の闇   天         芝浜
朝まだき馬のいななき春の闇     天        愚多楽
少年の胸に棲みつく春の闇      天         仲春

【壷焼き】
壷焼きの角を数へて酔ひ深し     天天天地地     芝浜
壺焼きや屋根に石置く磯の茶屋    天天天人      仲春
でこぼこと猫背並びぬ壺焼屋     天天地       青羽
壷焼きや先ず絵手紙を描いておき   天地地人      雪童
うわばみが口をすぼめて焼き栄螺   天地地       青羽
壺焼きに挑みかかるや爪楊枝     天地人       出船
壷焼きは生まれ変わりて盆栽鉢    天         雪童
壷焼きは上司次第の新社員      天         酒倒


★小間使いさんから--------------------------------------------------------

 立夏が過ぎれば、夏が来ます。
 次回は、初夏の句会です。


コダーマンの雑貨屋・頑固堂

このブログ記事について

このページは、cave(管理人)が2016年4月21日 03:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016年3月 仲春の句会」です。

次のブログ記事は「2016年5月 初夏の句会 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

検索

Powered by Movable Type 5.13-ja